不用品処分によって生まれるメリット

Spread the love

引越しの際に出る不用品処分の多さは想像以上の量で、毎回驚く。いつかきっと使用するであろうと考え取っておき、結局は使用せずにしまったままになった物は数多くある。例えば、ショップの紙袋や包み紙にリボン、雑誌に古い教科書、古着、ぬいぐるみ、などなど全て例に挙げるにはきりがないほどだ。なかなか捨てるに至らない要因として挙げられるのは、いつか必要になった際に処分してしまっていては後悔すると考えるからである。もともと手元にあったのに必要となった時に限って処分後では、わざわざ買い足すのも癪に障るしと、そのようなシチュエーションを想定してしまうと処分という選択は消えてしまう。

しかしそれが引越しとなると話は別だ。引越し時にはなるべく荷物が少ないに超した事はないし、そうやって取っておいた物たちは不用品処分として結局、一番始めの仕分け段階で処分される事が多い。その時は不思議と何の躊躇もなく処分出来るものだ。

迷信かもしれないが、物には魂が宿りプラスの気までも吸収してしまうと聞いた事がある。そのような事から、不用品処分をする方が自分にメリットがある。極端な話になるが、必要最低限の物以外はまず増やさない努力をするべきである。そうすれば周りに物が散漫する事も無い上に、収納スペースを広く使え、しかもわざわざ処分する必要もない。物は使用されて初めて存在価値が生まれるのであって、しまってあるだけでは意味がないのだ。