エクセルで簡単に在庫管理する方法

Pocket

商品を生産する工場などにおいては、
エクセルを使用することで簡単に在庫管理が出来ます。
エクセルは表計算ソフトですので、
一度計算式などを入れたフォームを作ってしまえば、後は日々数量を入力するだけでよくなるのです。

例えば、明日から在庫管理を始めたいと仮定します。
この場合、まずは品番ごとの現在の在庫数を調べて入力します。
これが表の起点になります。

この後は、取引先に出荷した数と日々完成した生産数を入力していけば、
自動的に在庫数が管理出来るのです。
考え方は簡単で、毎日常務終了後の在庫数は、前日の在庫数から当日の出荷数を引き、さらにその数に当日の生産完了数を入力すればすぐにわかります。
こうやって在庫管理を行っていると、他のことにも活用できます。

例えば生産完了数の管理です。日々の生産数の平均数を調べることが出来ますし、
日々の生産完了数をさかのぼって確認することが出来ます。
納期が決まっている商品の生産管理をする場合、
順調に生産が出来ているかなどもこれで分かりますので、
予定より生産上がり数が少ない場合、
目先で生産効率を上げるために人員体制を見直すための目安にもなるのです。

こういった管理を手書きでやっていると、電卓を使うことが基本になりますが、
これでは不効率と言えます。
エクセルを利用するとこういった作業は非常に効率的になり、間違いも軽減されます。従ってこういった管理手法をいち早く取り入れることにこしたことはないのです。