2021年6月7日

引っ越し前の不用品処分はどうする?

投稿者: managewpadmin
Spread the love

引っ越しは持ち物を整理する大きな転機になりますね。
皆さんは、引っ越しの際にどのような不用品処分を行っているのでしょうか?今回は引っ越しの際の不用品処分について3つのパターンを紹介します。これから引っ越し準備を進める方は参考にしてみてくださいね!

パターン1 労力は厭わず出来る限り損しないように処分したい!

”私は最近注文住宅でのマイホームを購入し、これから建築が始まるところで、家が完成したらすぐに引越しをしたいと思っているので、今から少しずつ今住んでいるアパートの片づけを始めているのですが、せっかく新しいマイホームに移り住むので、なるべく家具や家電は新しい物に入れ替えたいと考えています。そこで、引越しをするにあたり、必要のない家電や家具などの大型の不用品がたくさんあるので、その不用品処分をどうしようか考えています。 不用品処分の方法はいくつかありますが、役所に申請して、処分をお願いすると、1つだけでも結構な金額がかかってしまいます。しかも処分したいものがいくつもあるので、その不用品処分をしてもらうだけでお金が掛かってしまいます。他には、最近近所でもよく目にする不用品の無料回収です。回収されている不用品を見ると、実に様々なものを無料で引き取ってくれるようなので、最初はこちらでお願いしようかともかんがえていました。 しかし、ただ引き取ってもらうだけではつまらないので、少しでもまだ使えそうなものは一度リサイクルショップに行こうかと最近考えています。どんなに少額でもリサイクルショップに引き取ってもらえばお金になります。不用品を引き取ってもらって、お金が貰え、さらにリサイクルに貢献できてまた新しい人に使ってもらえるなら一番よいと思ったからです。引越しまではまだまだ日にちがありますが、なるべく損をしない形で不用品処分をしていきたいです。”

パターン2 引っ越しをきっかけに、業者利用でまとめて処分する

”結婚してから住んでいた賃貸アパートから引越しをする事になりました。約6年弱程暮らしていました。そのアパートは、私の実家から車で10分もかからない距離にありました。近くに大型スーパーや百貨店もありよく家族で買い物に行きました。そのような環境だったので、私はこの場所がとても気に入っていました。しかし、最初は2人で住んでいたアパートも、3年後には子供が産まれました。そして、その2年後に、もう一人子供が産まれました。 子供がまだ小さいうちは、それなり生活が出来ていました。そのうちに、家族4人で暮らしていくには、狭いと感じるようになってきました。2階に住んでいましたので、子供を抱っこしながら部屋を出入りするのは、一苦労です。という訳で、長男が保育園に入園するのをきっかけに、一戸建てを建てる事を決意しました。新居が完成したのは、土地を決めてから一年後の事です。引越しの準備に取りかかりました。まず最初は、不用品処分から始めました。 普段から、余計な物は置かないようにと心掛けて生活をしていたつもりでした。しかし、いざ片付けてみると、以外に不用品処分しなければならない物がたくさんありました。引越し荷物は、必要最小限にしようと思っていました。使うか分からないものを持って行っても、また不用品処分をしなければならなくなってしまうからです。不用品処分をする際にも料金がかかってしまう物もあります。どうせお金を払わなければいけないのなら、一度に済ませてしまった方が良いですから。”

パターン3 しっかり比較はするが業者に頼んで処分する

”引越しをする際に、大きなタンスなど不要なものがたくさんあると思います。そうした時に不用品回収などに申し込むと思いますが、現在はリサイクル料や引き取り、収集運搬費用が掛かるために、捨てるのも一苦労です。最近は家電リサイクル法があり、家電を捨てる際には引き取り費用も掛かるのです。一例として、エアコン3500円、テレビ2700円、冷蔵庫4600円、洗濯機2400円プラス消費税と捨てるのにも大量にお金が掛かるのです。 (注意:地域やお店によって金額は異なります)最近では、不用品回収も少し変わり、回収のみではなく、それを売却して一部を依頼主に返還といった形で還元しているのです。また、トラック単位で借りることができるので、載せ放題で一定料金など依頼状況で使い分けも可能です。こうした載せ放題のサービスは、核家族で親などと住んでいない時などに、その親が死去などし、家一軒丸ごと不要になった場合などにお得なのです。他にも最近問題視されているゴミ屋敷などにも活用出来ます。 こういった不用品回収を使うことによって、引越しでの無駄な費用や廃棄費用などを抑えることが出来ます。しかし注意しなくてはいけないのが、悪徳業者も少なくないのです。一例として、売れそうな品のみを回収していって、売れそうにないものはそのまま置いていくような業者です。こういう詐欺みたいなことに遭わない為にも、しっかりした店舗を持った業者やネットなどで評判をしっかり調べた上で不用品回収を選んだ方が良いでしょう。”

自分でなるべくお金をかけずにするか、引っ越しを機会に業者に任せるかは迷うところですが、大切なことは引っ越しのきっかけを大切にして暮らしの整理に繋げていくことですね!
最近は引っ越しに合わせ、不用品回収と部屋の清掃を含めたキャンペーンを行っている事業者も多いのでチェックしてみましょう。近くにそうしたキャンペーンをしている業者がない場合は、ゴミ屋敷清掃の業者で検索するのがおすすめです。こちらの会社のようにハウスクリーニングも出来る会社が多いので、ゴミの回収と部屋のクリーニングを同時に行ってくれますよ。