現場で役立つ在庫管理の方法

Pocket

在庫管理を行うことは、企業にとって大きなコスト削減につながるものです。過剰生産を抑えるとともに不要な在庫を抱えないことにより、そのスペースを最小限にすることで倉庫のコストも削ることができます。現場で実際に在庫管理を行う方法としては、まず販売管理から行う必要があります。販売の現場で必要とする在庫数を極力正確に算出することによって、最低限どの程度の在庫数を確保すれば良いのかがわかるからです。その在庫数をキープしながら、販売で必要とする分だけ生産をする流れとなるわけです。そして販売管理においては、季節の変化などに応じて変化する需要を予測することが必要となります。これからどれほどの需要が見込めるのかを在庫管理に反映させることで、さらに必要となる商品の生産要請をすることになります。そしてその需要予測をするためには、過去のデータを分析することになります。さらに過去の販売数の推移も加味した上で、これからの需要がどう増減していくのかも計算することになります。多くの販売数が期待できる商品は生産から販売のサイクルが早いので、在庫数も多めに確保することになります。逆にほとんど数が出ないようなものは在庫数を少なくすることで、長く倉庫に眠らせることの無いようにします。在庫管理は品質管理も兼ねることになるので、あまりに長い期間倉庫で眠る商品が出ないようにすることも大切です。消費期限も考慮しつつ、場合によればセール品として処分することも行うことが必要となります。